Tillandsia

アナナス科

チランジア属

ザ・エアープランツ。

「エアープランツ」と呼ばれているものは、実はほとんどすべてこのチランジアの仲間です。土が不要なので置き場所を選ばず世話もかんたん♬というのはちょっと誤解で、高温多湿のジャングル育ちなので、結構水が好きだし、日当たりも好き。暗い部屋に置きっぱなしだと枯れちゃいますよ。マメに世話すれば、南国植物らしく色鮮やかな花を咲かせるのも人気の秘密。

PICKUP SPECIES

イオナンタ

ストリングカーテンのウスネ、巨大なキセロではなく、コンパクトないわゆるエアプランツらしいエアプランツとしてまず名前が上がるのが「イオナンタ」。穂先が赤く色づき、紫色の花を咲かせたときのグラデーションの美しさは別格。ただ、有名なだけにバリエーションも豊富で、色づき方や大きさ、育ち方など違いがあるので購入時には注意が必要です。 学名の「イオナンタ」は、io が「紫色の」、-anthaが「花咲く」で、合わせて「紫色の花を咲かせる」といった意味とのこと。

続きを読む
ウスネオイデス

おしゃれルームにはもれなくありそうな、グリーンのカーテンがこの「ウスネオイデス」。「スパニッシュモス」とも言います。土が要らないチランジアだからこそ手軽にできるカーテンづかいもぜひ真似したいけど、くるくる丸めてぽんっと置いておいてもかわいらしい。アレンジは千差万別なので、エアプランツ初心者のかたは、まずこれ一束から始めてみては?

続きを読む
 
キセログラフィカ

エアープランツといえばまずこれ。何と言っても、でかい。 チランジアの王様との別名のとおり、最大級のエアプランツとして人気。最大で直径60cmにも成長するとか。ただし成長はゆっくりで、特大サイズになるまでに30年かかるとか。なので国内生産はわずか。基本的にすべて、現地採取の輸入に頼っています。 Xero は「乾いた」、graphica は「芸術作品」とか「絵画のような」といった意味。

続きを読む

1 24 842

イオナンタ
1,800
 
キセログラフィカ
5,400
ウスネオイデス
1,600
ストリクタ
1,600
ストレプトフィラ
4,700
カプトメデューサ
4,900
ストリクタ
1,600
テクトラム
2,000
ブルボーサ
5,000
 
出典 websta.me
カピタータ
1,700
アンドレアナ
1,700
ブラキカウロス
1,700
ブッツィー
710
アエラントス
2,000
ドゥラティ
5,800
ハリシー
690
 
フックシー
1,500
ジュンセア
1,800
ストラミネア
2,100
 
コットンキャンディー
1,700
 
フンキアナ
1,600
トリコロール
160
キアネア
1,400
カクティコラ
4,600