特徴・由来

「コチレドンといえば熊」といっても過言ではないほど、コチレドンを代表するのがこの「熊童子」。名前のとおり熊の手にしか見えない。英語でも Bear's Paw(熊のおてて)。そしてこれを細く小さくしたものが「子猫の爪」と呼ばれています。

学名の tomentosa は 英語 tomentose で、「ビロード毛のある」という意味。ladismithiensis の ~ensis は「~原産の」という意味で、南アフリカの街 Ladismith の固有種であることを表しています。

語ると止まらない学名論争……

この熊と猫。コチレドンであることも、その代表的存在であることも、熊も子猫もはっきり区別できるくらい違いがあることも、どれも間違いないのに、どうもその「学名」がはっきりしません。文献によってまちまち。(なのでPukubookでも何ページも「熊童子」が乱立してます)が!諸説あるのをぜんぶ載せるのがPUKUBOOKの編集方針!なので、このページでそのまとめをしておきます。

説1
熊童子 C. tomentosa ssp. ladismithiensis
子猫の爪 C. tomentosa ssp. ladismithiensis の変種

わりと信頼のおける文献にはっきりそう書いてあった説。日本のネット界隈ではこれが主流になっている気がします。

説2
熊童子 C. tomentosa ssp. tomentosa
子猫の爪 C. tomentosa ssp. ladismithiensis

海外のネットで多い説。
いわく、「葉っぱと、株のサイズと、花のつきかたが違う…… ladismithensis の葉っぱは細長くてほとんど円柱形。」 (World of Succulents) 「tomentosa の葉っぱはボール型で3~10の爪をつける。成長して50cmくらい。ladismithiensis は細長い葉っぱに1~3つの爪をつける。枝が丈夫で1mくらいに成長する。」 (Llifle) といった感じです。

説3
熊童子 C. tomentosa
子猫の爪 C. ladismithiensis

C. ladismithiensisC. tomentosa ssp. ladismithiensis のシノニムとされているので、説2と同じですね。

説4
熊童子・子猫の爪 C. tomentosa sp.

どちらも tomentosa の1種で、具体的な分類はよくわからない、という無難な書き方です。

街のウワサ

熊童子に関する気になるツイート……。

欲しい! 680アイテムをすべてチェック

オンラインショップやオークションの情報を集めました。

※時間差がありますので、売り切れになってしまっていたら申し訳ございません……。

680アイテムをすべてチェック