マーケティング レポート

「どんな株が いくらで買えるか?」

その疑問にイチゲキでお答えするのがこの「価格帯別 出品アイテム」。その他にも、流通量や価格変動など、PUKUBOOK独自の調査結果をリアルタイムレポートにまとめています。

サーバー負荷を鑑みて、現在はアカウント登録済ユーザー様限定の機能とさせていただいています。ぜひアカウント登録してご利用くださいませ。

画像検索結果

お詫び
サーバー過負荷のため一時的に表示を停止しています…。

特徴・由来

エレガンスらしい半透明なシャープなエッジ(でも写真はラズベリーアイス)
E. 'Mexcan Snowball' メキシカンスノーボール(エレガンス)のディテール

先が半透明の葉っぱの秘密は、半透明なのは刃先ではなく表皮が全体的に(すりガラスのようなジェリーっぽい質感の)半透明になっていて、それが刃先以外では中の不透明な部分が見えている、という感じ。それが全体的に白っぽい葉っぱの秘密にもなっています。

育て方のポイント

エケベリアとは? 乾燥するけど暑くないメキシコ原産

花のような色とりどりのロゼットとバリエーションの豊富さで人気のあるエケベリアは、そのほとんどがサボテンやアガベの故郷メキシコ原産。日本よりもずっと赤道に近く、暑いイメージがありますが、実は気温はそれほど高くなく、寒暖差もなく、雨季と乾季があって、乾季はさっぱり心地よい過ごしやすい気候。地域によっては特に厳しいこの「乾季」を乗り切るために、水を蓄える多肉植物たちが進化してきました。エケベリアは比較的乾燥の厳しくないエリアの木陰や岩の隙間に自生しています。

日当たり 徒長に注意!日当たりの良さを意識して

日当たりの良いところを好みます。ホームセンターにおいてあるのを見ると観葉植物=インドアグリーンかと思わされますが、ヒョロヒョロと徒長することが多いので室内は適しません。基本的には屋外の日当たりの良いところで育てる植物で、生長期の春と秋は西日の当たらない屋外(1日3~6時間程度の日照)、夏は直射日光の当たらない涼しいところが心地よさそうです。強すぎる光は葉焼けを起こすので、1日中ずっと日が当たるところは避けたほうが良さそうです。

気温 蒸れと霜を避ければ屋外でもOK

乾燥が好きな多肉植物に、日本の蒸し暑い夏は大敵です。とは言え、本当の敵は日照で、夏に外で日にあたっていると植物内の温度はすぐに高温になり一発で溶けます。日差しを避け水を控えれば暑さにも結構耐えてくれますが、プロのハウスでも溶かしてたりするので100%無事に乗り切るのはムリと割り切ったほうが……。冬は霜に当たらなければ-5℃くらいまで耐えられるそうです。我が家(関西)では室内に入れず屋外越冬しています。

水やり たっぷり上げるのは成長期だけ

基本的には、土が乾ききってから、根っこに十分水が回る程度にあげます。問題はその間隔。目安は葉っぱのハリがなくなってふにゃっとしてくるか、下葉が枯れてくるまで我慢してからたっぷりと。でも水を吸ってハリが戻るまで数日から10日くらいかかることもあるので、その間は追加NGで、信じて待ちましょう。冬は11月や12月くらいまでは生長するので間隔を開けて水やり継続。夏はほぼ断水で。断水しても耐えられる涼しく風通しの良い環境に移しましょう。

肥料 成長期に十分に

春と秋に、液肥か緩効性の肥料を。小苗のうちは窒素を控えめに。とはいえ無くても元気に育ちます。無い方が冬によく発色するとか。

植え替え 古い根をリフレッシュ

1~2年に1回、株と同程度か、少し大きめの鉢に植え替えます。根鉢は崩し、古い根は整理して、その切り口から雑菌が入らないようにそのまま数日~1週間ほど乾燥させた後に植え込む…と教科書には書いてありますが、土が新しく乾いていればそのまま植えてもOK。1~2週間後から水やりを再開します。多肉植物は一般的に根っこを使い捨てる習性(乾季にチリチリになった根は土に帰し生長期に新しく伸ばす)があるのでそれを促すイメージで、根鉢をリフレッシュすることでその後よく生長してくれます。

増やし方 葉挿しがベスト!

元気な葉っぱをむしって、そのままトレイに並べて、通気の良い、日の当たらないところに保管しておきます。早ければ数日、遅いと2ヶ月くらいかかりますが、芽が出てきたら土に植え替えます。カンテを代表とした大型の種などは葉挿しができないものもあり、そうした種は茎をちょん切って脇芽を出させる「胴切り」で増やします。オーソドックスに種をまく「実生」で増やすこともあります。

株のお手入れ 切り戻し 伸びてきたらカット

茎が伸びて立ち上がってきた株は、切り戻して小さくすることができます。適期は春と秋ですがわりといつでもできます。やりかたはとても簡単で、茎の適当なところでカットして、そのまま1週間乾燥させたあと、土にさすだけ。水やりは根が出るまでNG。2~4週間ほどかかります。軽く引っ張ってみて動かなくなったら根が張ってきた証拠。最初は根が出てから土に挿してもいいかも。カットした根元のほうからは新芽が出てくるので、捨てずに水やりしてあげてください。

株のお手入れ 下葉処理 下葉が枯れたら…

枯れた下葉は元には戻りません。見た目が気になるようでしたら取り除いてください。

分類群 バリエーション

もともといろんな独立した原種だったものが E. elegans として統合されたのもあって、今もエレガンスのバリエーションというより独立した原種のように扱われているものが多いです。(ちなみに原種名=ラテン語を園芸名に使うのはホントはダメですが……ごにょごにょ)

エレガンス E. elegans

エレガンスの原種はオーソドックスなブルーグレイ。紅葉するとややピンク色に染まります。葉先が透明で、細く薄い葉っぱをたくさん広げ、子株をよく出して群生します。

E. 'Mexcan Snowball' メキシカンスノーボール

メキシカンスノーボールはエレガンスのニックネームだそうです。つまり同じもの。

アルビカンス E. elegans 'Albicans'
![Echeveria Elegans Albicans](4326380) ![アルビカンス](4280155)id:4326380 not found.![Echeveria Elegans Albicans](4326380) ![アルビカンス](4280155)id:4280155 not found.

エレガンスよりやや大きく、葉っぱが広く、葉先が一番太いのが特徴。中央に厚みがあって透明感はなくどっしりソリッドな印象。

ポトシナ(星影) E. elegans 'Potosina'
![E. potosina](4246667) ![E. potosina](4017679)id:4246667 not found.![E. potosina](4246667) ![E. potosina](4017679)id:4017679 not found.

そのアルビカンスより葉っぱが細めで、やや紫がかっているのが特徴。花芽が分岐しないのも見分けるポイント。

ケッセルリンギアナ E. elegans 'Kesselringiana'
E. elegans 'Kesselringiana'

葉っぱが短く、むっちりとした印象。

アルバ E. elegans 'Alba'
![E. elegans ‘alba’](4308842) ![E. alba](2390501)id:4308842 not found.

「ホワイトローズ」と呼ばれ2016年ごろにプチブームになったコ。フォルムはケッセルリンギアナに似ているけど、全エケベリアの中でもトップクラスの透明美白です。「アルバビューティ」というコも見かけますがハイブリッドかもしれません。

シムランス E. elegans var. simulans
![E. simulans ( Laguna )](117266) ![E. simulans ‘ascension’](4407952)id:4407952 not found.
E. simulans ( Laguna )

こちらは半分独立したエレガンスの「変種」で、葉っぱのカタチがリラシナのようにとがっていてよりエレガント。さらにフリルドレスをお召しのゴージャスな方もいらっしゃいます。

エルチコ E. elegans El Chico
![echeveria elegans el chico](4333312)id:4333312 not found.

エルチコ地方で出会った、エッジと爪がピンクに色づくニューフェイス。

街のウワサ すべてのウワサをチェック

エレガンスに関する気になるポスト。

欲しい!

オンラインショップやオークションの情報を集めました。

※時間差がありますので、売り切れになってしまっていたら申し訳ございません……。

お詫び
サーバー過負荷のため一時的にダイジェスト表示を停止しています…。
全アイテム掲載ページを御覧ください。