• Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • greensnap

PUKUBOOK Succulent picture book

サボテン科 レウクテンベルギア属

晃山

Leuchtenbergia principis

別名 光山

アガベに似ているので「アガベカクタス」と呼ばれるサボテン。けど、アガベと違って、伸ばしているのは「葉」ではなく、茎の一部の「イボ」。乾燥から身を守るために枝も葉っぱも退化させたサボテンたち。けど「ごめん、やっぱ葉っぱ要るわ」と思い直して、無くした葉っぱを「イボ」で再現。他に仲間のいない1属1種の超個性。属名はドイツの街ロイヒテンベルグに由来しています。
  • 難易度
  • 話題性
  • レア度
  • 予算
    5,400
季節タイプ夏型
日あたり日なた
半日陰
耐寒温度-8
開花時期

グレイ表示は一般的なレウクテンベルギア属の情報です。

  • LC
  • NT
  • VU
  • EN
  • CR
  • EW
  • EX

レッドリスト 低危険種

ワシントン条約 低リスク 輸出入制限

免責・ご注意 PUKUBOOKは、個人が趣味で制作・運営しています。「正しさ」よりも「楽しさ」が基本方針なので、ご利用・転載の際には十分ご留意ください。掲載方針など、詳しくはこちら

FEATURES/ORIGIN特徴・由来

山城愛仙園にあった極太株

アガベに似ているので「アガベカクタス」と呼ばれるサボテン。けど、アガベと違って、伸ばしているのは「葉」ではなく、茎の一部の「イボ」。

サボテンは、乾燥から身を守るために幹を膨らませて枝も葉っぱも退化させ、最低限の表面積をゴツゴツした「イボ」で確保しています。けど「やっぱ葉っぱ要るわ」と思い直して、無くした葉っぱをその「イボ」で再現して、ライバルのアガベに似たフォルムを獲得したのが、このレウクテンベルギア。

1属1種で他に仲間がいないから生息域も限られていると思いきや、北中部メキシコを中心に意外と広く分布しています。

アリオカルプスもイボが葉っぱみたいだし、イボが発達していると言うとマミラリアにも近いように思いますが、フェロカクタスと縁が深いようです。全然カタチは違うけど。実際に交配種が作られています(x Ferobergia と呼ばれています)。

属名のレウクテンベルギアは、中世ドイツの公爵で植物学にも深かった Maximilian Eugen Joseph が統治していた街ロイヒテンベルグに由来しているそうです。

POINT育て方のポイント

人気があって手に入りやすいのは、それだけ育てるのもカンタンな証。水のやりすぎはNGですが、水はけの良い土と日当たりを確保すれば大丈夫。成長はゆっくりですがサボテンとしてはよく動くほう。特に水やり後に幹が膨らんだり、太陽の向きに傾く動きが速く、お世話した分のリアクションが良いので楽しいコです。

2022年2月 3年半後
2018年9月

SNS街のウワサ

SHOPPINGショッピング