出典 flic.kr

Astrophytum

サボテン科

アストロフィツム属

星を纏う樹

アストロフィツムは「星の樹」という意(有星類とも言います)。トゲのない刺座を散りばめた様子を星空に見立てているからなんだとか(上から見たカタチが星型だから…かもしれませんが)。鸞鳳玉と兜が有名で、特に兜はその柄にたくさんのバリエーションがあり、美しさを競っています。

アストロフィツムの写真や育て方、花の画像などを検索できます。

PICKUP SPECIES

ヘキラン

アストロフィツムの人気種「鸞鳳玉」の白いスポットがないバリエーションで、ソリッドなグリーンボディが目を引きます。和名はそのボディからを讃えた「碧瑠璃+鸞鳳玉」が正式名で「ヘキラン」と愛称で呼ばれることもあります。さらにそのボディに斑の入った錦バージョン Astrophytum myriostigma var.nudum f.variegata もあります。

続きを読む
 
カプトメデューサエ

進化とは突然変異がきっかけになるというまさにその瞬間を目撃しているような奇妙な種。メキシコのヌエボレオン州に自生するアストロフィツムの一種ですが、星形の見慣れた姿はどこに行ったのか、まるでアガベのように細い茎を無数に伸ばすサボテンらしからぬ姿になっています。同じような姿のサボテンはレウクテンベルギアの晃山 Leuchtenbergia principis が有名ですが、このカプトメデューサエはまだ自然の中で確立した地位を得るほどに至っていないのか、絶滅寸前の憂き目に遭遇しています。サボテンのアイデンティである水を貯蔵する能力がほぼなく、乾燥にはとても敏感。よく接ぎ木されていますが自根でも同様に育つそうです。夏の終わりには休眠する夏型。

続きを読む
 
恩塚ランポー

鸞鳳玉の優良選抜種。特に白点が大きく遠目に見ると真っ白で、エッジにV字模様が入るのが特徴。1975年ごろ岡山生まれの園芸種で、作出家の名前をとって「恩塚鸞鳳玉」と呼ばれています。とても有名で広く出回っているので一言で「恩塚ランポー」と言われても様々な色柄、カタチがあり、審美眼が問われます。

続きを読む

1 24 44

 
原種
Astrophytum asterias
5,500
原種 白鸞鳳玉
Astrophytum coahuilense
1,300
 
出典 flic.kr
原種 鸞鳳玉
Astrophytum myriostigma
5,200
 
恩塚ランポー
Astrophytum myriostigma 'Onzuka'
2,100
 
原種 カプトメデューサエ
Astrophytum caput-medusae
1,500
 
瑠璃兜
Astrophytum asterias f.nudum
750
原種 般若
Astrophytum ornatum
670
大鳳玉
Astrophytum capricorne var.crassispinum
5,400
ヘキラン
Astrophytum myriostigma var.nudum
1,800
原種 瑞鳳玉
Astrophytum capricorne
510
 
スーパー兜
Astrophytum asterias 'Superkabuto'
37,000
 
白瑞鳳玉
Astrophytum capricorne var.niveum
5,400
亀甲兜
Astrophytum asterias 'Kikko'
840
ミラクル兜
Astrophytum asterias 'Miracle'
6,500
四角鸞鳳玉
Astrophytum myriostigma var.quadricostatum
4,100
原種 群鳳玉
Astrophytum senile
5,100
ポトシ鸞鳳玉
Astrophytum myriostigma var.potosinum
0
 
白ランモンスト
Astrophytum coahuilense 'Hakuran'
5,700
 
肋骨鸞鳳玉
Astrophytum myriostigma 'Rokkotu'
0
 
碧瑠璃鸞鳳玉錦
Astrophytum myriostigma var.nudum f.variegata
1,900
 
鶴鳳玉
Astrophytum 'Kakuhougyoku'
0
 
白条般若錦
Astrophytum ornatum 'Hakujo Hannya Nishiki'
0
 
複隆銀砂鸞鳳玉
Astrophytum myriostigma 'Fukuryu Ginsa'
0
鳳凰玉
Astrophytum capricorne f.minus
0