マーケティング レポート

「どんな株が いくらで買えるか?」

その疑問にイチゲキでお答えするのがこの「価格帯別 出品アイテム」。その他にも、流通量や価格変動など、PUKUBOOK独自の調査結果をリアルタイムレポートにまとめています。

サーバー負荷を鑑みて、現在はアカウント登録済ユーザー様限定の機能とさせていただいています。ぜひアカウント登録してご利用くださいませ。

画像検索結果

お詫び
サーバー過負荷のため一時的に表示を停止しています…。

育て方のポイント

赤くなるには条件が必要

本来は「チタノタのレッドタイプ」のはずが、ふだんの顔はあまりチタノタと変わらないので「爪が豪快なタイプ」と思われているレッドキャットさん(ここで切っちゃダメっぽい…短くするならキャットウィーズルさん、猫イタチさんと呼ばれることも)。本気で赤くしようと思ったらそれなりの条件が必要です。じゃあどんな条件なの?ということで実際にやってみたのがこの写真。

限界まで赤くする実験 左から、日陰で水と肥料多め/日向で水と肥料多め/日向で水と肥料控えめ

左から、大きな株の影に置いたコ(日照時間は1日1時間もない、明るい日陰)、よく陽が当たるところに置いたコ、その隣に置いたけど土が鬼の赤玉100%(笑)。

結果ははっきりと出て、右の赤玉100%がとても鮮やかな赤に。真ん中も赤いけど、根本や葉表はグリーンが残っています。左の日陰さんは色が変わったけど赤というより焦げ茶。最初は赤玉さんは水も控えていたのでこのコだけ下葉が枯れています。途中から水も同量にしたけど結果に特に変化は見られませんでした。

エケベリアなども含めて、一般に多肉の紅葉に必要なのは、寒さ(ハオルチアなどは逆に暑さ)、強い日差し、カリッカリの乾燥(水をやらない)、肥料不足、根詰まり……と言われています。いわゆる「ストレス」。鮮やかな色は植物がガマンしている証なのかもしれません。そのぶん、生長が遅い、枯れるといったリスクが高くなることも理解しておく必要がありそうです。

奥はほぼ同サイズで同じ場所にあったチタノタ

真ん中の「日当たり良好/水たっぷり」と同じ条件で育てていた、同じくらいのサイズのチタノタと比較。チタノタはやや赤くなるけどグリーンです。レッドキャットウィーズルの「赤さ」がよくわかります。

街のウワサ すべてのウワサをチェック

チタノタ レッドキャットウィーズルに関する気になるポスト。

欲しい! 59アイテムをすべてチェック

オンラインショップやオークションの情報を集めました。

※時間差がありますので、売り切れになってしまっていたら申し訳ございません……。

59アイテムをすべてチェック