出典 flic.kr

Agave

リュウゼツラン科

アガベ属

植物男子の称号。

いかつい。とにかくいかつくカッコいい。大きなものは何メートルにもなる、まるでドラゴンのような風貌。花が咲いたら枯れてしまうがそれまでに30~50年かかるというロマンや、テキーラの原料になるっていうウンチクも植物男子にはたまらない。テキサスからメキシコを中心とした中央アメリカ乾燥地帯の代表種。年中雨ざらしでも難なく耐える丈夫な種ですが、日照不足にだけはめっぽう弱いので注意。

アガベの写真や育て方、花の画像などを検索できます。

PICKUP SPECIES

 
ベネズエラ

アガベというと、ユッカに似ていて、あまり背が高くならず、大きくてもフロアサイズに収まって、葉っぱが大きく優雅にカーブしていて、斑入りの観葉植物。そんなイメージを地で行く「観葉植物アガベ」の代表的な種。葉っぱはあまり肉厚ではなく、日当たりの充分でないところでも育ちます。アメリカーナ Agave americana var.margiana に似ていますが、もっとずっとコンパクトです。ベネズエラは葉っぱにトゲがなく、薄く、内巻きカールしています。成長も早いので見てて楽しい。手に入りやすい品種。他に観葉植物アガベとしては、アテナータ Agave attenuata が人気です。

続きを読む
 
ピグマエア

みっしり豪快なトゲトゲが力強い男前アガベ。でありながら、はっきり色づいたトゲトゲと、色白の幅広葉っぱのコントラストが美しく、この力強さと美しさを兼ね備えたものは…と考えて、やっぱり「ドラゴン」の名がふさわしい。ちなみに「トゥース」は歯(tooth)じゃなくて爪先(toes)を指すようです(「トウズ」のほうが音が近い)。

続きを読む
 
竜舌蘭

アガベ属のことを和名でリュウゼツラン属と言いますが、その名を冠したアガベの中のアガベがこの種。斑入り種なのがポイントで、プレーンカラーの Agave americana はあえて「青の竜舌蘭」と呼ばれているので、日本で一番最初に認識されたアガベといったところでしょうか。ギザギザエッジのハードな葉を、だらんと複雑にカールさせながら広がる様はまさに竜の舌。成長すると1~2mになる大型種でインパクトが強く、各地の植物園で主役級のお出迎えをしてくれます。若いうちは白閃光 Agave angustifolia 'Marginata' によく似ていて、あまり区別されず流通しているかもしれません。斑が逆の、真っ白な中斑タイプも「華厳 Agave americana var.mediopicta f.alba」という名で流通しています。

続きを読む

1 24 737

 
原種 チタノタ
Agave titanota
26,000
 
原種 笹の雪
Agave victoriae-reginae
4,800
原種 雷神
Agave potatorum
5,500
 
原種 アテナータ
Agave attenuata
6,300
原種 万代
Agave victoriae
19,000
 
吉祥冠錦
Agave potatorum Kisshou-kan' f.variegata
5,400
 
原種 雷帝
Agave isthmensis
7,500
 
原種 マクロアカンサ
Agave macroacantha
5,100
原種 パルメリー
Agave palmeri
4,000
 
原種 ユタエンシス
Agave utahensis
24,000
 
シャークスキン
Agave 'Shark Skin'
37,000
雷神
Agave potatorum 'megalacantha'
5,400
 
原種 アメリカーナ
Agave americana
5,600
 
楊貴妃
Agave isthmensis 'Yookihi'
24,000
原種 パラサナ
Agave parrasana
33,000
ブルーグロウ
Agave 'Blue Glow'
4,800
 
竜舌蘭
Agave americana var.margiana
6,900
 
原種 アリゾニカ
Agave arizonica
3,400
 
原種 ホリダ
Agave horrida
23,000
 
ブラックアンドブルー
Agave titanota 'Black And Blue'
4,700
 
原種 乱れ雪
Agave filifera
6,000
原種 頼公
Agave parassana
1,200
 
屈原の舞扇
Agave 'Kutsugen no Maiougi'
4,500
吉祥冠
Agave potatorum 'Kichiokan'
5,700