マーケティング レポート

「どんな株が いくらで買えるか?」

その疑問にイチゲキでお答えするのがこの「価格帯別 出品アイテム」。その他にも、流通量や価格変動など、PUKUBOOK独自の調査結果をリアルタイムレポートにまとめています。

サーバー負荷を鑑みて、現在はアカウント登録済ユーザー様限定の機能とさせていただいています。ぜひアカウント登録してご利用くださいませ。

画像検索結果

特徴・由来

高価なハオルチアとして名高い万像と玉扇、ジュエルプランツと言えばまず思い浮かべるオブツーサ…それ以外の軟葉系ハオルチアってどれもよく似たカタチしていませんか?と思っていました。そのよく似たカタチといえば、そうこのレツーサ。

そのよく似た中で、このレツーサは、群を抜いてツヤツヤと輝く、透明度の高い、ゼリーのような窓がチャームポイント。南アフリカ西ケープの限れれたエリアに住むレア種で、ツルギダ H. turgidaやムチカ H. mutica などと同郷です。

著名な万象、玉扇、オブツーサはバリエーションが少ないからでしょうか。レツーサタイプのハオルチアは交配が盛んに行われていて、その種は無限と思うくらい本当に多種多様。だからどこから始めたらいいかわからない!という方は、普及してて手に入りやすく、それでいて種単体でもバリエーションが多く奥が深いこのレツーサから始められてはいかがですか?

育て方のポイント

ハオルチアとは? 南アフリカの岩陰に生息

透明できらめく「窓」の美しさやフォルムや模様のバリエーションの豊富さで、宝石のように扱われているハオルチア。「100万円を超える高価な多肉植物」と世間を賑わせています。その原産地はすべて南アフリカのごく限れたエリア。雨は殆ど降らないけど温暖で、湿度が十分高いのがポイント。窓のある軟葉系ハオルチアはヤブや岩陰で、半分地面に埋まりながら、僅かな光をその窓で集めながら生きています。だから、極度な暑さも寒さもNG。水は控えめだけど湿度は保つ。といったことがポイントです。

日当たり 日陰が好きだけど…

多肉植物のイメージとは反対に、日陰を好みます。終日カンカンに日が当たる環境だと枯れてしまうとか。とは言え、全く陽があたらない室内だと徒長してしまうこともあって意外とやっかい。1~2時間程度は日が当たるところか、レースカーテン越しの日が当たる窓辺などが最適です。

気温 冬は屋内に

寒さに弱いので、基本的に冬は屋内に取り込みます。外で管理する場合はビニールなどの防寒対策を十分にすれば外気温が-5℃でも大丈夫。蒸れには比較的強いので、夏も直射日光を控えめに、通気を良くすれば、屋外でも大丈夫です。

水やり 水は好きだけど耐久力も

基本的には、乾いたらたっぷりと与えます。ただ、水をやりすぎると徒長しやすくなるので要注意。ハオルチアはエケベリアなどと違って、根が太く、葉っぱだけでなく根にも水を蓄えるので、乾燥には強く、思いの外あげなくても大丈夫。特に夏の間は断水してもいいくらい。赤く枯れたようになりますが、涼しくなって水やりを再開すると元気な緑色に戻ります。

肥料 元肥や置肥で十分

ほとんど無くても大丈夫ですが、春と秋に、緩効性の肥料を置いておきます。液肥はあまり使われないようです。

植え替え 深い鉢にガッシリとした根を

1~2年に1回、株よりも少し大きめの鉢に植え替えます。根を深く張るので、株の直径の2倍くらいの高さのある鉢を使います。根鉢は崩し、古い根は整理して、そのまますぐに新しい用土に植え込みます。水やりはすぐにせず、1~2週間してから。

増やし方 しっかり育てて株分け

株分けで増やします。成長してくると脇芽を出して群生するので、十分な大きさになってきたら、植替えのついでに外して植え直します。子株にも根が出ていて、軽い力でパキッと外れるかどうかがポイント。あまり小さいまま外すと成長が遅くなります。が、幹の途中から出てきた子株を放置すると親株の形が崩れるので、小さいうちからカットする、という育て方もあります。葉挿しもできるし、実生もメジャーです。

分類群 バリエーション

レツーサのバリエーション

寿 H. retusa f.variegata

斑入りタイプのもの。

街のウワサ

寿に関する気になるツイート……。

欲しい! 3127アイテムをすべてチェック

オンラインショップやオークションの情報を集めました。

※時間差がありますので、売り切れになってしまっていたら申し訳ございません……。

3127アイテムをすべてチェック