出典 flic.kr

Haworthia

ススキノキ科ツルボラン亜科

ハオルチア属

暗闇の貴婦人。

アロエに近い硬質葉系と、透明の窓を持つ軟質葉系でグループ分けされていて、軟質葉系がいわゆる「高価な多肉」。末端価格100万円を超すものもあるとか。光を通す透明の窓や、その窓に描かれるステンドグラスのような模様で美を競います。 炎天下が似合う多肉のイメージに反して、ハオルチアは直射日光を嫌います。暑い岩場で涼しい土に埋もれながら、その窓で僅かな光を集めて生きているからなんだって。

ハオルチアの写真や育て方、花の画像などを検索できます。

PICKUP SPECIES

バディア

三角形の窓を開けるレツーサ系のハオルチア原種で、上面はほぼ窓という勢いで大きな窓と、ゼリーのようにプルプルな質感と、とんがった葉先と、日差しを浴びるとマロンブラウンに色づくのが特徴。……とはいえ、プルプルの質感、というのは品種や株によって幅があるようで、マットなのからゴツゴツしたものまでいろいろあります。以前は独立した原種でしたが、今はミラビリス Haworthia mirabilis のバリエーションとされています。

続きを読む
 
氷砂糖

「氷砂糖」は古くからあるハオルチアのメジャーな斑入り品種で、同じ株でもほとんど全斑で真っ白から斑のない葉っぱまで斑の入り方にバラツキがあって、白い葉っぱの透明感を緑の葉っぱがバックアップし、キラキラ輝く爽やかな株に生長していきます。2~4cmくらいの小さなロゼットを群生させ、長いこと付き合えば15cmクラスの鉢をいっぱいに覆い尽くします。「旧氷砂糖」と言われるの「新氷砂糖 Haworthia 'Shin Kourizatou'」という品種もでてきたから。「祝宴錦」も同じく古くからある斑入り種で、斑の入り方が均一の別タイプ。

続きを読む
 
ピクタ

三角形の窓を広げるレツーサ系ハオルチアで、ほんのり膨らんだ窓に白いスポットがあるのがチャームポイント。「ピクタ」と言う名は「彩色された/飾り付けられた」といった意味で、その窓の絵画的な美しさを象徴しています。学術的にはエメリアエ Haworthia emelyae と同じものとされていますが、エメリアエより知名度があるのか一連のハイブリッドは「ピクタ系(ピクサ系)」と呼ばれています。

続きを読む

1 24 694

 
原種 オブツーサ
Haworthia obtusa
1,700
 
原種 ピクタ
Haworthia picta
5,300
 
コンプト
Haworthia emelyae var.comptoniana
4,500
 
ドドソン紫オブツーサ
Haworthia 'Dodson Purple'
1,800
 
原種 玉扇
Haworthia truncata
1,700
 
原種 コレクタ
Haworthia correcta
4,400
 
原種 万象
Haworthia maughanii
47,000
 
原種 ピグマエア
Haworthia pygmaea
5,400
原種 九重
Haworthia hurlingii
540
 
氷砂糖
Haworthia turgida f. variegata
720
 
氷砂糖
Haworthia retusa f.variegata
1,700
 
原種 寿
Haworthia retusa
1,700
エンペラー
Haworthia cooperi 'Emperor'
2,100
ブラックオブツーサ
Haworthia 'Black Obtusa'
1,800
原種 クーペリー
Haworthia cooperi
1,900
紫オブツーサ
Haworthia 'Murasaki Obutusa'
1,900
 
宝草錦
Haworthia cuspidata f.variegata
1,600
 
ベヌスタ
Haworthia cooperi var.venusta
1,900
 
シルバームチカ
Haworthia 'Silvania'
5,500
エメラルドLED
Haworthia 'Emerald LED'
1,900
 
原種 シンビフォルミス
Haworthia cymbiformis
640
原種 白露
Haworthia haageana
1,700
 
スプレンデンス
Haworthia magnifica var.splendens
5,600
マジョール
Haworthia emelyae var.major
1,400