出典 flic.kr

Haworthia

ススキノキ科ツルボラン亜科

ハオルチア属

暗闇の貴婦人。

アロエに近い硬質葉系と、透明の窓を持つ軟質葉系でグループ分けされていて、軟質葉系がいわゆる「高価な多肉」。末端価格100万円を超すものもあるとか。光を通す透明の窓や、その窓に描かれるステンドグラスのような模様で美を競います。 炎天下が似合う多肉のイメージに反して、ハオルチアは直射日光を嫌います。暑い岩場で涼しい土に埋もれながら、その窓で僅かな光を集めて生きているからなんだって。

ハオルチアの写真や育て方、花の画像などを検索できます。

PICKUP SPECIES

 
シンビフォルミス

ジュエルプラントの代名詞とも言える「オブツーサ」を配下に従えるハオルチア界の大親分様(見た目が)。確かにオブツーサはシンビフォルミスの変種ですが印象はだいぶ違っていて、葉っぱは大きく肉厚で貫禄があります。cymbaは「舟」、iformは「〜形の」。船底のような反ったカタチが名の由来です。宝草 Haworthia cuspidata と同種という説もあり、はっきり区別されずに流通していることがあります。

続きを読む
 
コンプト

葉っぱの先に三角形の窓を広げるレツーサタイプのハオルチアで、艶やかで滑らかな少し膨らんだ窓と、白い窓枠の美しさに定評があり、人気の高い品種。「コンプト」という愛称で親しまれていて、交配種も多いモテモテさんです。同じグループのエメリアエよりもやや大きく育ち最大直径12cmほど。エメリアエ Haworthia emelyae var.emelyae が茶褐色なのに対し、緑色をしています。自然界では南アフリカは東ケープ州の極めて限られたエリアにしか見られない超レア種。

続きを読む
 
ピクタ

三角形の窓を広げるレツーサ系ハオルチアで、ほんのり膨らんだ窓に白いスポットがあるのがチャームポイント。「ピクタ」と言う名は「彩色された/飾り付けられた」といった意味で、その窓の絵画的な美しさを象徴しています。学術的にはエメリアエ Haworthia emelyae と同じものとされていますが、エメリアエより知名度があるのか一連のハイブリッドは「ピクタ系(ピクサ系)」と呼ばれています。

続きを読む

1 24 661

 
原種 オブツーサ
Haworthia obtusa
1,700
 
原種 ピクタ
Haworthia picta
5,400
 
コンプト
Haworthia emelyae var.comptoniana
5,100
 
原種 コレクタ
Haworthia correcta
4,600
 
原種 玉扇
Haworthia truncata
5,200
 
ドドソン紫オブツーサ
Haworthia 'Dodson Purple'
1,600
 
原種 万象
Haworthia maughanii
41,000
 
原種 ピグマエア
Haworthia pygmaea
5,200
 
氷砂糖
Haworthia retusa f.variegata
1,900
 
氷砂糖
Haworthia turgida f. variegata
1,800
原種 クーペリー
Haworthia cooperi
1,800
 
ベヌスタ
Haworthia cooperi var.venusta
4,700
 
原種 九重
Haworthia hurlingii
700
 
原種 寿
Haworthia retusa
4,800
エメラルドLED
Haworthia 'Emerald LED'
2,000
原種 シルバームチカ
Haworthia mutica
4,700
 
原種 シンビフォルミス
Haworthia cymbiformis
710
 
スプレンデンス
Haworthia magnifica var.splendens
6,100
ピリフェラ
Haworthia cooperi var.pilifera
1,700
 
ピリフェラ錦
Haworthia cooperi var. pilifera f.variegata
1,400
タイガーピグ
Haworthia 'Tiger Pig'
830
紫オブツーサ
Haworthia 'Murasaki Obutusa'
1,700
ブラックオブツーサ
Haworthia 'Black Obtusa'
1,800
 
青雲の舞
Haworthia cooperi var.cooperi
570