出典 flic.kr

Haworthia

ススキノキ科ツルボラン亜科

ハオルチア属

暗闇の貴婦人。

アロエに近い硬質葉系と、透明の窓を持つ軟質葉系でグループ分けされていて、軟質葉系がいわゆる「高価な多肉」。末端価格100万円を超すものもあるとか。光を通す透明の窓や、その窓に描かれるステンドグラスのような模様で美を競います。 炎天下が似合う多肉のイメージに反して、ハオルチアは直射日光を嫌います。暑い岩場で涼しい土に埋もれながら、その窓で僅かな光を集めて生きているからなんだって。

ハオルチアの写真や育て方、花の画像などを検索できます。

PICKUP SPECIES

 
ピグマエア

葉っぱの先に三角形の窓を広げるレツーサタイプのハオルチアの中で、すりガラスのようにざらついた窓がピグマエアのチャームポイント。ふわふわとした霜をかぶっているように見えます。品種によって、この霜の降り加減やその色、窓に現れる太く白い筋などで美を競います。ピグマエアという名前は「小さい」に由来。

続きを読む
 
寿

葉先が本来伸びる方向とは反対向きに折り返されたカタチのことを英語で retused と言いますが、まさにその名を関したハオルチアがこちらになります。このタイプのハオルチアは自然界にも色んな種類がありますが、このレツーサは、群を抜いてツヤツヤと輝く、透明度の高い、ゼリーのような窓がチャームポイント。また、窓が葉表にしか無いのがオブツーサ他との大きな違い。南アフリカ西ケープの限れれたエリアに住むレア種で、ツルギダ Haworthia turgidaやムチカ Haworthia mutica などと同郷です。

続きを読む
 
ピクタ

三角形の窓を広げるレツーサ系ハオルチアで、ほんのり膨らんだ窓に白いスポットがあるのがチャームポイント。「ピクタ」と言う名は「彩色された/飾り付けられた」といった意味で、その窓の絵画的な美しさを象徴しています。学術的にはエメリアエ Haworthia emelyae と同じものとされていますが、エメリアエより知名度があるのか一連のハイブリッドは「ピクタ系(ピクサ系)」と呼ばれています。

続きを読む

1 24 554

 
原種 オブツーサ
Haworthia obtusa
1,700
 
原種 ピクタ
Haworthia picta
5,400
 
ドドソン紫オブツーサ
Haworthia 'Dodson Purple'
1,600
原種 クーペリー
Haworthia cooperi
1,700
 
原種 玉扇
Haworthia truncata
5,200
 
原種 万象
Haworthia maughanii
37,000
 
原種 十二の巻
Haworthia fasciata
710
 
原種 寿
Haworthia retusa
4,800
 
ベヌスタ
Haworthia cooperi var.venusta
4,500
 
原種 ピグマエア
Haworthia pygmaea
4,800
 
スプレンデンス
Haworthia magnifica var.splendens
6,000
ピリフェラ
Haworthia cooperi var.pilifera
1,700
 
氷砂糖
Haworthia turgida f. variegata
1,800
 
氷砂糖
Haworthia retusa f.variegata
1,900
 
原種 瑠璃殿
Haworthia limifolia
1,700
 
オブツーサ
Haworthia cooperi var.truncata
7,600
 
原種 シンビフォルミス
Haworthia cymbiformis
670
原種 シルバームチカ
Haworthia mutica
4,700
原種 コレクタ
Haworthia correcta
4,500
原種 ベノーサ
Haworthia venosa
3,500
原種 スプリングボクブラケンシス
Haworthia springbokvlakensis
6,700
 
ピリフェラ錦
Haworthia cooperi var. pilifera f.variegata
1,500
 
原種 竜鱗
Haworthia tessellata
1,600
原種 ダビディ
Haworthia davidii
4,200