出典 flic.kr

Haworthia

ユリ科

ハオルチア属

暗闇の貴婦人。

アロエに近い硬質葉系と、透明の窓を持つ軟質葉系でグループ分けされていて、軟質葉系がいわゆる「高価な多肉」。末端価格100万円を超すものもあるとか。光を通す透明の窓や、その窓に描かれるステンドグラスのような模様で美を競います。 炎天下が似合う多肉のイメージに反して、ハオルチアは直射日光を嫌います。暑い岩場で涼しい土に埋もれながら、その窓で僅かな光を集めて生きているからなんだって。

ハオルチアの写真や育て方、花の画像などを検索できます。

PICKUP SPECIES

 
宝草

肉厚葉っぱでムチムチの、三角葉っぱハオルチア。星型のロゼットになることから「スターウインドウハオルチア」と呼ばれています。お色はシンプルにライトグリーンで年間通してあまり変わりません。シンビフォルミス Haworthia cymbiformis に似ていますが、そりゃそうだそれとレツーサ Haworthia retusa の交配種だからね、いやいやそう思われてたけど独立した原種だ、シンビフォルミスの選抜種でしょ、と諸説あるようです。斑入りの宝草錦 Haworthia cuspidata f.variegata も有名。

続きを読む
 
ピグマエア

葉っぱの先に三角形の窓を広げるレツーサタイプのハオルチアの中で、すりガラスのようにざらついた窓がピグマエアのチャームポイント。ふわふわとした霜をかぶっているように見えます。品種によって、この霜の降り加減やその色、窓に現れる太く白い筋などで美を競います。ピグマエアという名前は「小さい」に由来。

続きを読む
十二の巻

葉っぱが細く長く伸び、白いストライプを纏う姿が美しい、いわゆる「硬葉系ハオルチア」といえばまず最初に思い浮かべるアイコン的存在。でも実は同じ属の Haworthia attenuata とよく似ていてよく間違えられるそう。違いは葉っぱの裏側にもストライプがあるか、ないか。「十二の巻」として売られているものは Haworthia attenuata という説が有力です。

続きを読む

1 24 463

オブツーサ
Haworthia cymbiformis var. obtusa
1,700
原種 オブツーサ
Haworthia obtusa
1,700
原種 玉扇
Haworthia truncata
5,700
原種 十二の巻
Haworthia fasciata
640
原種 万象
Haworthia maughanii
26,000
氷砂糖
Haworthia retusa f.variegata
1,800
 
原種 シンビフォルミス
Haworthia cymbiformis
1,400
原種 ピクタ
Haworthia picta
5,500
青雲の舞
Haworthia cooperi var.cooperi
580
原種 レツーサ
Haworthia retusa
1,700
 
原種 クーペリー
Haworthia cooperi
1,700
ピリフェラ
Haworthia cooperi var.pilifera
1,600
ピリフェラ
Haworthia cooperi var. pilifera f.variegata
1,600
氷砂糖
Haworthia turgida f. variegata
1,800
ベヌスタ
Haworthia cooperi var.venusta
1,800
 
出典 vk.com
原種 ピリフェラ
Haworthia pilifera
1,500
原種 竜鱗
Haworthia tessellata
1,800
 
原種 ピグマエア
Haworthia pygmaea
5,600
原種 コレクタ
Haworthia correcta
5,100
ピリフェラ
Haworthia obtusa var.pilifera
1,600
 
原種 宝草
Haworthia cuspidata
1,700
 
コンプト
Haworthia emelyae var.comptoniana
5,100
ピリフェラ
Haworthia cymbiformis var.pilifera
1,600
雪国
Haworthia 'Yukiguni'
6,100