特徴・由来

ちいさくかわいい葉っぱを拡げるグランドカバータイプのセダム。色や葉っぱのカタチでさまざまな園芸品種があり、この種だけでコレクションができあがるかも…。見かけによらず、日差しや乾燥にめっぽう強く、挿し木でどんどん増える生命力の高さも魅力。

グランドカバーに◎
寄せ植えでニュアンス使いに活躍する匍匐性

高さは10cm程度にしかならず、横に延びていく匍匐性(ほふくせい)なので、グランドカバーだけでなく寄せ植えでのニュアンス使いに活躍してくれます。

コーカサスキリンソウの名の通り、ロシアの最南部(トルコ寄り)のコーカサス地方のご出身です。単にキリンソウというと、P. aizoon という別の種のことを指すようです。

ミセバヤ H. sieboldii var.sieboldii に似ていますが、ミセバヤのロゼットが2~3cmくらいなのに対し、スプリウムは1cmくらいと小型です。

育て方のポイント

どんどん増えます

成長の適期は春と秋の涼しい~肌寒い頃。この頃であれば挿し木のチャンスなので、延びすぎた枝をちょんちょん切って、そのまま土に挿しておきましょう。茎の途中から根や芽をどんどん出して増えていきます。

分類群 バリエーション

代表品種「ドラゴンズブラッド」と「トリカラー」を筆頭に、多くの園芸品種があります。(ただ日本での流通は代表種以外はレアです…)

ドラゴンズブラッド S. spurium 'Dragon's Blood'
ほぼ一年を通して赤く、寄せ植えのアクセントに活躍」
トリカラー S. spurium 'Tricolor'
ステファニーゴールド
コッキネウム
エンペラーズウェーブス
Voodoo
Bronze Carpet
'John Creech'
'Fuldaglut'
'Roseum'
'Album'
Elizabeth 'Red Carpet'
'Summer Glory'
'Blaze'

街のウワサ

コーカサスキリンソウに関する気になるツイート……。

欲しい! 50アイテムをすべてチェック

オンラインショップやオークションの情報を集めました。

※時間差がありますので、売り切れになってしまっていたら申し訳ございません……。

50アイテムをすべてチェック