特徴・由来

高木に育ったラクテア

インド原産の樹木で、多肉質の枝に薄く丸い葉っぱを付ける…というのが本来の姿で、園芸店で見かけるサボテンのような姿は、この「枝」の部分。そのままの姿だとオーソドックスなサボテンという印象ですが、綴化&アルビノ化(色素が抜けること)して扇のように開いた「帝錦・マハラジャ」E. lactea f.cristata や、幹全体に斑が入り真っ白になった「ホワイトゴースト」E. lactea 'White Ghost' はもはや別物。どちらも人気です。

街のウワサ

ラクテアに関する気になるツイート……。

欲しい! 95アイテムをすべてチェック

オンラインショップやオークションの情報を集めました。

※時間差がありますので、売り切れになってしまっていたら申し訳ございません……。

95アイテムをすべてチェック

同じユーフォルビア属の人気の種