Euphorbia

トウダイグサ科

ユーフォルビア属

サボテンよりも サボテンらしく。

すごくサボテンらしい姿だけど、実は「トウダイグサ科」という庭木の仲間でサボテン(科)ではありません。アメリカ大陸のサボテンと、アフリカからアジアのユーフォルビア。よく似ているのは偶然か、必然か…。生息域も広く、球型、柱型、根塊型。トゲがあったりなかったりと、カタチのバリエーションが豊富です。ユーフォルビアの名はギリシャで植物の研究をしていた医師エウポルボスに由来。ギリシャ神話の英雄にもその名があります。

ユーフォルビアの写真や育て方、花の画像などを検索できます。

PICKUP SPECIES

大明神

ラクテア Euphorbia lactea が綴化して帯状になって、アルビノ化して白くなり、別の色素が入ってカラフルになり、マハラジャの扇ができあがりー!という、出来上がった過程はレアですが、出来上がったものはホームセンターでも見かけるほどによく普及しています。単体では育ちにくいので他のユーフォルビア(キリン角 Euphorbia neriifolia が多いようです)に接ぎ木されています。接ぎ木されたものは丈夫で育てやすいのでご安心ください。

続きを読む
ハナキリン

ハナキリンの名の通り、多肉植物というより花卉として花壇を彩ることの多い人気種。花は気温があれば年中いつでも咲き、幹も細いのも、花の印象が強い理由。マダガスカル原産で日当たりが大好き。低木で高さが出てくるので、寄せ植えのバックにレイアウトするか、延びてきたら適宜カットを。カットした枝は、暖かい季節なら挿し木できます。

続きを読む
 
パキポディオイデス

どう見てもパキポディウムにしか見えないこのコ、なんと「パキポディウムもどき」という名のユーフォルビア。マダガスカルのアンカラナ特別保護区にしか見られない希少種で、レッドリスト最高レベルの絶滅危惧種。耐寒温度は12℃程度。llifleには「成長が遅く、育てるのは難しい」との記載があります。一株で種を実らせるようで、実生で増やすことができます。

続きを読む

1 24 2,599

原種 ヘディオトイデス
Euphorbia hedyotoides
58,000
 
原種 パキポディオイデス
Euphorbia pachypodioides
17,000
 
原種 オベサ
Euphorbia obesa
5,000
原種 ハナキリン
Euphorbia milii
690
原種 トルチラマ
Euphorbia tortirama
32,000
 
原種 飛竜
Euphorbia stellata
1,900
原種 カクタス
Euphorbia cactus
1,600
原種 ゴットレベイ
Euphorbia gottlebei
900
原種 彩雲閣
Euphorbia trigona
1,700
 
原種 ホリダ
Euphorbia horrida
1,800
大明神
Euphorbia lactea f.cristata
4,400
原種 ミルシニテス
Euphorbia myrsinites
500
 
ホワイトゴースト
Euphorbia lactea 'White Ghost'
6,800
原種 緑仏塔
Euphorbia tuberculata
1,200
 
原種 ペディラントイデス
Euphorbia pedilanthoides
2,100
原種 稚児キリン
Euphorbia pseudoglobosa
2,600
花キリン
Euphorbia milii var.splendens
700
原種 鉄甲丸
Euphorbia bupleurifolia
20,000
 
原種 デセプタ
Euphorbia decepta
900
原種 摩利支天
Euphorbia lophogona
16,000
 
峨眉山
Euphorbia 'Gabizan'
1,600
原種 オプンチオイデス
Euphorbia opuntioides
870
 
原種 紅彩閣
Euphorbia enopla
710
原種 閻魔キリン
Euphorbia esculenta
14,000