Euphorbia

トウダイグサ科

ユーフォルビア属

サボテンよりも サボテンらしく。

すごくサボテンらしい姿だけど、実は「トウダイグサ科」という庭木の仲間でサボテン(科)ではありません。アメリカ大陸のサボテンと、アフリカからアジアのユーフォルビア。よく似ているのは偶然か、必然か…。生息域も広く、球型、柱型、根塊型。トゲがあったりなかったりと、カタチのバリエーションが豊富です。ユーフォルビアの名はギリシャで植物の研究をしていた医師エウポルボスに由来。ギリシャ神話の英雄にもその名があります。

ユーフォルビアの写真や育て方、花の画像などを検索できます。

PICKUP SPECIES

 
シンメトリカ

誰もが認めるオベサ Euphorbia obesa のそっくりさん(学術的にはオベサの亜種)。見分け方にも諸説あり確証はありませんが、縦に伸びるオベサよりも横に伸びて球形を保つ、というのは共通見解。高さも控えめで6~8cmまで。直径は8~10cm程度。単頭タイプ、群生タイプ、ポコポコ子沢山タイプ Euphorbia obesa ssp.symmetrica 'Prolifera' と、ひとくちにシンメトリカと言ってもいろいろあるようです。

続きを読む
ハナキリン

ハナキリンの名の通り、多肉植物というより花卉として花壇を彩ることの多い人気種。花は気温があれば年中いつでも咲き、幹も細いのも、花の印象が強い理由。マダガスカル原産で日当たりが大好き。低木で高さが出てくるので、寄せ植えのバックにレイアウトするか、延びてきたら適宜カットを。カットした枝は、暖かい季節なら挿し木できます。

続きを読む
 
オベサ

ディープグリーンから褐色のまんまるボディにトゲはなく、グリーンのストライプと赤いステッチでチェック柄を描く、工芸品の手鞠のようなかわいらしいコ。ユーフォルビアを代表する人気種ですがそのフォルムはとても個性的。春にそれとわからないくらい小さな花を咲かせます。成長すると縦に伸びてくるので限界まで陽に当てて水を控えてその可愛さを長くキープしたいところです。根が深く深く伸びるので、ギリギリ直径で出来るだけ高さのある鉢を選んであげてください。

続きを読む

1 24 2,598

原種 ヘディオトイデス
Euphorbia hedyotoides
57,000
 
原種 パキポディオイデス
Euphorbia pachypodioides
20,000
 
原種 オベサ
Euphorbia obesa
4,300
 
原種 飛竜
Euphorbia stellata
4,100
原種 トルチラマ
Euphorbia tortirama
16,000
原種 ハナキリン
Euphorbia milii
5,000
原種 カクタス
Euphorbia cactus
1,700
原種 彩雲閣
Euphorbia trigona
1,700
原種 ゴットレベイ
Euphorbia gottlebei
900
 
原種 ホリダ
Euphorbia horrida
1,800
大明神
Euphorbia lactea f.cristata
4,400
 
ホワイトゴースト
Euphorbia lactea 'White Ghost'
6,600
原種 ミルシニテス
Euphorbia myrsinites
460
原種 緑仏塔
Euphorbia tuberculata
1,100
花キリン
Euphorbia milii var.splendens
4,500
原種 摩利支天
Euphorbia lophogona
18,000
 
原種 ペディラントイデス
Euphorbia pedilanthoides
14,000
 
原種 デセプタ
Euphorbia decepta
28,000
原種 稚児キリン
Euphorbia pseudoglobosa
2,700
原種 鉄甲丸
Euphorbia bupleurifolia
4,300
 
原種 紅彩閣
Euphorbia enopla
1,700
原種 オプンチオイデス
Euphorbia opuntioides
1,100
 
峨眉山
Euphorbia 'Gabizan'
1,500
原種 キリン角
Euphorbia neriifolia
6,500