Euphorbia

トウダイグサ科

ユーフォルビア属

サボテンよりも サボテンらしく。

球型、柱型、根塊型。トゲがあったりなかったり。カタチのバリエーションが豊富。すごくサボテンらしい姿だけど、実は「トウダイグサ科」という庭木の仲間でサボテンじゃないという……。

PICKUP SPECIES

ハナキリン

ハナキリンの名の通り、多肉植物というより花卉として花壇を彩ることの多い人気種。花は気温があれば年中いつでも咲き、幹も細いのも、花の印象が強い理由。マダガスカル原産で日当たりが大好き。低木で高さが出てくるので、寄せ植えのバックにレイアウトするか、延びてきたら適宜カットを。カットした枝は、暖かい季節なら挿し木できます。

続きを読む
ミルクブッシュ

細い緑の枝だけを無数に伸ばしているようにみえる風変わりな植物。秋には全体が赤や黄色に色づく姿がまさに珊瑚。思いのほか大型で、環境が良いと人の背丈を超すので、多肉というより観葉植物や、個性的なガーデンづくりに活躍してくれそう(ただし冬の寒さは苦手…)。枝を切ると白い樹液が出るのが「ミルクブッシュ」の由来ですが、この樹液は有毒なので注意。リプサリス(例えば Rhipsalis cereuscula )に似ていますが、リプサリスは正真正銘のサボテン属。日陰が好きで垂れ下がるタイプです。

続きを読む
ホワイトゴースト

まるで白いペンキでペイントしたような、生きた植物と思えない不思議な姿が、フレンチカントリーや西海岸スタイルなどのシャビーなインテリアにベストマッチ。ラクテア Euphorbia lactea という緑色の多肉植物の幹の色素が抜けて真っ白になったもの。インド原産で乾燥に強く、逆に多湿と寒さに弱いので、日当たりの良いところで、水やりを控えめに、冬は断水するくらいでも大丈夫なようです。

続きを読む

1 24 635

ハナキリン
790
オベサ
5,300
カクタス
1,800
マハラジャ
4,300
白樺キリン
660
ホリダ
5,000
紅彩閣
700
桃葉キリン
0
沖天閣
1,400
飛竜
6,800
ホワイトゴースト
4,900
ミルクブッシュ
1,900
峨眉山
590
バリダ
4,900
serendipita
0
ロッシー
2,000
孔雀丸
2,000
鬼笑閣
0
アエルギノーサ
1,800
シンメトリカ
1,800
瑠璃晃
1,500
ラクテア
5,200
九頭竜
4,600
アンティシフィリチカ
0