Euphorbia

トウダイグサ科

ユーフォルビア属

サボテンよりも サボテンらしく。

すごくサボテンらしい姿だけど、実は「トウダイグサ科」という庭木の仲間でサボテン(科)ではありません。アメリカ大陸のサボテンと、アフリカからアジアのユーフォルビア。よく似ているのは偶然か、必然か…。生息域も広く、球型、柱型、根塊型。トゲがあったりなかったりと、カタチのバリエーションが豊富です。ユーフォルビアの名はギリシャで植物の研究をしていた医師エウポルボスに由来。ギリシャ神話の英雄にもその名があります。

ユーフォルビアの写真や育て方、花の画像などを検索できます。

PICKUP SPECIES

 
飛竜

ムカデ髪の美白メデューサ、といった風貌のモンスター系コーデックス。10~15cmくらいの白肌の根塊の頂上から、龍の様な葉(のような茎)を横に伸ばす不思議な姿。実はこの根塊部分はすっぽり地面に埋もれていて、だから自然界ではこの葉っぱを低く低く地面に這わせるように生きている地味なコです。メデューサとかモンスターとかひどいこと言ってますが、色白美肌ボディが意外と爽やかで、だんだんかわいく見えてくる不思議。

続きを読む
ミルクブッシュ

細い緑の枝だけを無数に伸ばしているようにみえる風変わりな植物。秋には全体が赤や黄色に色づく姿がまさに珊瑚。思いのほか大型で、環境が良いと人の背丈を超すので、多肉というより観葉植物や、個性的なガーデンづくりに活躍してくれそう(ただし冬の寒さは苦手…)。枝を切ると白い樹液が出るのが「ミルクブッシュ」の由来ですが、この樹液は有毒なので注意。リプサリス(例えば Rhipsalis cereuscula )に似ていますが、リプサリスは正真正銘のサボテン属。日陰が好きで垂れ下がるタイプです。

続きを読む
 
オベサ

ディープグリーンから褐色のまんまるボディにトゲはなく、グリーンのストライプと赤いステッチでチェック柄を描く、工芸品の手鞠のようなかわいらしいコ。ユーフォルビアを代表する人気種ですがそのフォルムはとても個性的。春にそれとわからないくらい小さな花を咲かせます。成長すると縦に伸びてくるので限界まで陽に当てて水を控えてその可愛さを長くキープしたいところです。根が深く深く伸びるので、ギリギリ直径で出来るだけ高さのある鉢を選んであげてください。

続きを読む

1 24 645

原種 ハナキリン
Euphorbia milii
1,600
 
原種 オベサ
Euphorbia obesa
2,000
原種 カクタス
Euphorbia cactus
1,800
 
原種 ホリダ
Euphorbia horrida
1,800
原種 ミルクブッシュ
Euphorbia tirucalli
2,000
 
白樺キリン
Euphorbia mammillaris 'Variegata'
680
 
原種 紅彩閣
Euphorbia enopla
1,500
 
ホワイトゴースト
Euphorbia lactea 'White Ghost'
6,200
大明神
Euphorbia lactea f.cristata
4,300
 
原種 飛竜
Euphorbia stellata
4,900
 
原種 九頭竜
Euphorbia inermis
1,600
原種 彩雲閣
Euphorbia trigona
1,600
峨眉山
Euphorbia 'Gabizan'
1,700
花キリン
Euphorbia milii var.splendens
640
原種 孔雀丸
Euphorbia flanaganii
2,000
原種 瑠璃晃
Euphorbia suzannae
820
オベサブロウ
Euphorbia 'Obesa Blow'
890
ブラックバード
Euphorbia 'Blackbird'
1,400
原種 笹蟹丸
Euphorbia pulvinata
1,400
原種 ロッシー
Euphorbia rossii
11,000
 
原種 ラクテア
Euphorbia lactea
5,500
原種 グロボーサ
Euphorbia globosa
2,000
 
原種 バリダ
Euphorbia valida
5,300
 
シンメトリカ
Euphorbia obesa ssp.symmetrica
4,500