マーケティング レポート

「どんな株が いくらで買えるか?」

その疑問にイチゲキでお答えするのがこの「価格帯別 出品アイテム」。その他にも、流通量や価格変動など、PUKUBOOK独自の調査結果をリアルタイムレポートにまとめています。

サーバー負荷を鑑みて、現在はアカウント登録済ユーザー様限定の機能とさせていただいています。ぜひアカウント登録してご利用くださいませ。

画像検索結果

特徴・由来

カラバリ豊富なカラーサボテン

鮮やかな蛍光色の玉サボテン…ホームセンターにもよく置いてあるので見たことある人は多いハズ。それがこの「緋牡丹」です。

オリジナルは、瑞雲丸 G. mihanovichii というふつうに緑のサボテンなのですが、これに赤が混ざって赤黒くなったものを、日本で品種改良して「全斑」つまり緑色が完全に抜けて赤だけが残ったものです。

緑色は葉緑素。それがまったくない植物は光合成ができず自分の力では生きていけません。だから、ただの台座に見える「台木」が実は光合成や給水を行っています。おかげさまでよく成長するのですが、自然ではないのでそのままだとあまり長生きできません。何年かに一度は台木を交換するといった特殊なお世話が必要です。

赤以外にも、黄色、オレンジ、紫など、とても自然とは思えないカラバリがあります。色は自然のものだけど、それを作り、生かしているのは人類のテクノロジー。

よく見かけるカジュアルなコですが、その裏には壮大なドラマを抱えているという、儚げながら偉大なサボテンです。

街のウワサ

緋牡丹に関する気になるツイート……。

欲しい! 111アイテムをすべてチェック

オンラインショップやオークションの情報を集めました。

※時間差がありますので、売り切れになってしまっていたら申し訳ございません……。

111アイテムをすべてチェック

同じギムノカリキウム属の人気の種