Crassula

ベンケイソウ科

クラッスラ属

あらゆるご要望にお応え プロ多肉集団。

だれもが知ってる「カネノナルキ」から、真紅の「火祭り」、セダムのような「リトルミッシー」、イモムシのような「舞乙女」など、とにかくバリエーション豊か。多肉といえばクラッスラと言っても過言ではない、ベンケイソウ科(CRASSULACEAE)を率いるプロ集団です。

クラッスラの写真や育て方、花の画像などを検索できます。

PICKUP SPECIES

ブロウメアナ

細いけどしなやかな茎を伸ばし、小さいふわふわの葉をつける、わたあめのような浮遊感のある多肉さん。寄せ植えでのニュアンス使いに活躍します。アフリカ大陸やマダガスカルに広く分布。ブロウメアナ、ペキュリアリス、エキスパンサなどいろいろな名前で見かけますが、同じなのか違うのか…はっきり区別はされていないようです。

続きを読む
 
南十字星

星の王子 Crassula perforata の斑入りタイプで、葉っぱの縁が白くなって真ん中だけ緑の帯が残るので、上から見ると細い十字に見えます。冬にはエッジがほんのりピンクに。名前の読みは星座と同じ「みなみじゅうじせい」とも読まれますが「みなみじゅうじぼし」のほうが通りが良いようです。名前が似ていてややこしいのですが、単に「十字星」というと斑入りじゃない星の王子のことを指すようです。斑入りで日差しにデリケートに見えますが、強い日差しがないと間延びしてきます。

続きを読む
 
リトルミッシー

小さい葉っぱをたくさんつけて垂れ下がる、セダムにしか見えないクラッスラ。夏の斑入りモードもキュートなのに、秋にはピンクのアクセントカラーを身にまとったグラデーションになって、もう「かわいい」しかない。 大株に群生して垂れ下がっている姿はとても個性的。 英語圏では "Calico Kitten"(三毛の子猫という意味)日本名に負けず劣らずかわいい名前です。 セダムと思っていた「リトルミッシー」は、実はクラッスラ。雄蕊と雌蕊の数が同じ、というのがクラッスラの証だそう。

続きを読む

1 24 630

 
出典 flic.kr
原種 花月
Crassula ovata
540
 
ルドリップ
Crassula nudicaulis var.herrei
700
 
舞乙女
Crassula rupestris ssp.marnieriana
630
 
リトルミッシー
Crassula pellucida ssp.marginalis
440
原種 銀箭
Crassula mesembrianthoides
550
愛星
Crassula rupestris f.
560
 
火祭り
Crassula americana 'Flame'
520
火祭り
Crassula capitella 'Camp Fire'
520
 
原種 神刀
Crassula falcata
710
 
南十字星
Crassula perforata f.variegata
660
紀ノ川
Crassula 'Moon Glow'
530
愛星
Crassula rupestris ssp.rupestris
420
神刀
Crassula perfoliata var.falcta
600
神刀
Crassula perforata var.falcata
600
神刀
Crassula perforata var.minor
600
arborescens ssp.arborescens
Crassula arborescens ssp.arborescens
0
 
原種 星の王子
Crassula perforata
500
原種 エレガンス
Crassula elegans
650
原種 翠星
Crassula rupestris
720
ブロウメアナ
Crassula expansa ssp.fragilis
450
小米星
Crassula 'Tom Thumb'
560
 
原種 レモータ
Crassula remota
450
ゴーラム
Crassula ovata 'Gollum'
3,900
原種 白鷺
Crassula deltoidea
1,100