マーケティング レポート

「どんな株が いくらで買えるか?」

その疑問にイチゲキでお答えするのがこの「価格帯別 出品アイテム」。その他にも、流通量や価格変動など、PUKUBOOK独自の調査結果をリアルタイムレポートにまとめています。

サーバー負荷を鑑みて、現在はアカウント登録済ユーザー様限定の機能とさせていただいています。ぜひアカウント登録してご利用くださいませ。

画像検索結果

特徴・由来

H. fasciata (左)と attenuata (右)の違い

葉っぱが細く長く伸び、白いストライプを纏う姿が美しい、いわゆる「硬葉系ハオルチア」といえばまず最初に思い浮かべるアイコン的存在。でも実は同じ属の H. attenuata とよく似ていてよく間違えられるそう。違いは一目瞭然で、葉っぱの外側だけでなく、内側にもストライプ模様が入るのが H. attenuata 、裏側はツルツルなのが H. fasciata で、園芸品種としては H. fasciata は「レア」なんだとか。
ということは、いわゆる「硬葉系ハオルチア」の代表格「十二の巻」によくこの学名が当てられていますが、「十二の巻」はアテヌアーアタ H. attenuata の改良種ではないかという説が有力です。

この「硬葉系ハオルチア」と呼ばれているものは、近年、Haworthiopsis という別の属に独立分類されたようです。

育て方のポイント

とにかく丈夫

どうやったら枯れるのか?と問いたくなるくらい丈夫なコです。もちろん、直射日光にガンガン当てたり、毎日たっぷりの水やりを欠かさなかったりした場合は除きますが。硬葉系のハオルチアはあまり表情を変えないので、あるとき水やりのタイミングを逃し逃し、初夏から冬までほとんど水やりをしなかったことがあって、すっかりしぼんで下葉はペラッペラで全体的に枯れた色……。さすがにダメにしたかなーと思い恐る恐る水をやったら、数日で緑豊かなみずみずしい色の葉っぱを元気に広げていたということがあり、こいつらは不死身だな、と思ったことがあります。

環境がよければぐんぐん育ちますが、育たない、動かない、赤茶けた…となっても意外と枯れずに頑張ってくれています。気長に付き合ってあげてください。

街のウワサ すべてのウワサをチェック

十二の巻に関する気になるポスト。

欲しい! 726アイテムをすべてチェック

オンラインショップやオークションの情報を集めました。

※時間差がありますので、売り切れになってしまっていたら申し訳ございません……。

726アイテムをすべてチェック