• Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • greensnap

PUKUBOOK Succulent picture book

2021.9.10 根周りしない最新プラ鉢 Meshpot のすごさをフルラインナップで語り尽くす

運営資金調達のために21年5月に期間限定で開催したPUKUBOOKオリジナルショップ「PUKUBOOK COLLECTION」を、再び 21年9月24日(金)からスタートいたします。それに先立ち、前回好評だったMeshpotを今度はフルラインナップでお取り寄せしたのでレビューも込めてご紹介させていただきます。

Meshpotは中国で企画開発されたプラスチックポットブランド。まず目を引くのが側面に空いた穴「エアホール」でその抜群の通気性と排水性...

Meshpotとは

Meshpot

中国は安徽省合肥市に拠点を構える「美莳園芸用品有限公司」が企画製造しているプラスチックポットシリーズ。もともとは蘭の栽培のための通気性や排水性のいいプラポットを作っていたようですが、同じコンセプトの多肉用のプラポットも開発されて、欧米で近年注目されているけど日本には全然入ってきていない期待のNEWアイテムです。

※「莳」は「植える」という意味で「美しく植えるかぁ、いい名前だ」と思うところですが「美莳」でメイシと読むのでMeshとかけてるんじゃないかと勝手に思っています(笑)

Meshpotの特徴・メリット

その独特のフォルムや側面に空いた穴に注目しがちですが、その側面に開けられた穴「エアホール」と、内側にある縦壁「ルートガイドスロット」が大きなポイント。特許も取得しているオンリーワンの技術です(マネすると怒られちゃうぞ!)。

通気性、排水性に優れる
Meshpot Standard

まずは側面にある「エアホール」と底面にも無数に開けられた排水穴で、通気性や排水性がバグツンです。特に側面の穴からも蒸発するため、土がよりはやく乾きます。プラポットなのにテラコッタに近い性質ですね。

また穴はたくさんあいていますが1つ1つは小さいので、細粒の土でもほとんど土こぼれしません。鉢底石なしで使用することができます。

無数に開けられた穴「エアホール」
根回りを防ぐ
内側にある壁「ルートガイドスロット」

単に側面に穴のあるポットだったら他にもあります。Meshpotの真の実力は、ポットの内側にある縦方向の小さな壁。僕は最初「強度アップ」のためのものかと思ったのですがそうではなくて、これは伸びてきた根っこを横に回さずに下方向に伸ばすためのガイド。その機能そのまま「ルートガイドスロット」と名付けられています(ルートは root 根っこのこと)。

ふつうのポットで育てたときの根鉢。壁にぶつかると横に走ってぐるぐる回っています
Meshpotの根鉢。下方向にガイドされているのがわかります(植え替え後1ヶ月くらいなのでもっと様子見ないとどうなるかは結論できませんが)
根の生長が早い段階でわかる
植え替えて2週間で根っこが出てきました

側面の穴と「ルートガイドスロット」のおかげで、苗の根っこはまっすぐ下に伸びてプラポットの半分の長さで側面の穴から出てくるため、どのくらい根っこが伸びているかをいち早く知ることができます。普通のプラポットは横にぐるぐると回って最終的に鉢底から出てくるため、鉢底から根っこが出てくるまで半年くらいかかりますが、Meshpotだと最短1週間くらいで出てきます。

デザイン開発に意欲的
Meshpot Newタイプ
Meshpot Highタイプの底面

機能も十分にすごいのですが、そんなことをすべて差し置いてひと目ですごいと思わせるのが、このユニークな造形です。長らく開発してきた蘭用の鉢や今回のStandardタイプは良くも悪くも機能をそのままカタチにした「ふつう」のカタチをしていますが、NewタイプやHighタイプは明らかに違うデザインの遺伝子が入っています。きっと凄腕のデザイナーさんと最新の3D造形技術が導入されたのかなと思わされます。今後の新製品にも期待したいていきたいところです。

サイズバリエーション

Newタイプ 7.35cm
Meshpot Newタイプ

前回の期間限定ショップでもご紹介させていただいた、側面の穴がナナメラインに配置されたとにかくクールなデザインのNewタイプ。こんなかっこいいプラ鉢を見たことがありません。機能的にはStandardタイプとあまり変わりませんが、ドヤるためにはまず持っておきたいアイテムです(笑)。

Standardタイプ 6cm / 7cm / 10cm
Meshpot Standardタイプ

最小6cmからサイズが豊富にあるスタンダードタイプ。歴史と実績のあるモデルです。実は最大で15cmまであるのですが、さすがにそこまでは使いこなせないかなと思い10cmまでご用意しました。

Highタイプ H8cm / H10cm
Meshpot Highタイプ

実はこちらが最新型の縦長タイプ。根っこを深く伸ばすハオルチアやアガベにオススメです。よく見ると単にStandardタイプを縦に伸ばしただけじゃなくて、鉢底のメッシュにむちゃくちゃ複雑なデザインが施されています。植えちゃうと見えないところにまで、このこだわりようです…。

Meshpot Highタイプの底面

底面の中央部分は大きく嵩上げされているので接地面が少なく、通気性と排水性を高めているのもHighタイプだけの特徴です。

Meshpotは中国で企画開発されたプラスチックポットブランド。まず目を引くのが側面に空いた穴「エアホール」でその抜群の通気性と排水性...

期間限定ショップ Vol.2

ご紹介したMeshpotは、PUKUBOOKの期間限定ショップで販売しています。

PUKUBOOKは個人が趣味で運営しているサイトですが、サーバー運営費用だけでも結構なコストがかかっていたり、新しいことに挑戦するための出費を惜しまなかったりするので、常に赤字経営。こうして海外で見つけたいい感じのアイテムをお裾分けするのもその資金の足しになればという思いもあります。

お時間ありましたら覗いてみてください♪

期間限定ショップ PUKUBOOK COLLECTION 2021年9月24日(金) START予定
このショップは個人が趣味で運営している「多肉植物図鑑PUKUBOOK」の期間限定ショップです..

コメントはSNSで!

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • greensnap

記事のご感想など、SNSでいただけると、
とても嬉しいです!
お返事も書かせていただきます!