• Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • greensnap

PUKUBOOK Succulent picture book

2022.11.25 多肉植物LOVERにもれなく足を運んでほしいガーデニングショップ「the Farm UNIVERSAL OSAKA」へ行ってきましたレポート

多肉植物が大好きなみなさん、いやもちろん、始めたばっかりというあなたにも、絶対に一度は訪れていただきたい「園芸店」があります。カッコ付きで園芸店と書いたのにはワケがある。そこは本当に園芸店? その枠を遥かに超える世界観できっとあなたの「園芸」の世界を一気に広げてくれるお店……というよりそこはまるでテーマパーク。そんな園芸店「the Farm UNIVERSAL OSAKA」さんをご紹介させていただきます。

多肉植物図鑑の編集長として、なにより the Farm UNIVERSAL さんの熱烈な利用者の1人として、どこよりもディープなレポートをお届けできればと思います。

なお、今回は大阪店を取り上げますが、他にも千葉(フレスポ)南町田(グランベリーパーク)北九州(ジ・アウトレット北九州)にも出店されています。雑貨中心のミニショップですと 銀座ロフト などにもあります。お近くにお住まいでしたらぜひ足を運んでみてください。

この記事で使用している写真は the Farm UNIVERSAL OSAKA さんに許可を得て撮影させていただきました。ふだんのPUKUBOOKのお写真と違い、転載や二次利用はできません(品種見本として各品種ページに掲載しているお写真も同様です)。

the Farm UNIVERSAL OSAKA とは?

the Farm UNIVERSAL OSAKA」は大阪府茨木市にある園芸・ガーデニングの総合ショップ。自然をいっぱい感じることができる広大な敷地に、花、庭木、観葉植物などの多種多様なグリーンとオシャレな雑貨を多数揃えて、たくさんのインスピレーションを与えてくれるステキなお店。いや、お店というか園芸とガーデニングの一大テーマパーク僕のような園芸好き人間は1日いても飽きません

ちょうど美しく紅葉したシンボルツリーの「おおきなき」(メタセコイア)のある南側ガーデン
駐車場からハウスに入るといちばんに出迎えてくれるのは「せかいのしょくぶつえん」
自然豊かで開放的な敷地はカントリーな農場をイメージしたかわいい造作がたくさん
最高に心地よいカフェレストランや……
雰囲気のいいインテリア雑貨も……
映えるフォトスポットもたくさん……(個人の記念撮影は全然OKですがロケ利用は有料ですのでお店にご相談ください)
このとても雰囲気のいい小屋風の建物は信じられないけど「お手洗い」です
店内マップ。多肉植物は大きく2箇所「かんようしょくぶつのもり」と「おはなのもり」にあります。

広い店内に多肉植物は大きく2箇所あって、1つはアガベやコーデックスのある「かんようしょくぶつのもり」、もう1つはエケベリアやセダムなどが中心の「おはなのもり」。順番にご案内いたします。

多肉植物コーナー① かんようしょくぶつのもり

かんようしょくぶつのもり
高価なアガベやコーデックスの展示コーナー
立派なパキポディウムたち
レアな品種も並んでいます
チランジアコーナー
「かんようしょくぶつのもり」の入り口外にはデザートガーデンにピッタリのユッカやソテツ、大型サボテンも多く並べられています

多肉植物LOVERとして僕がいつも一番に訪れるのが「かんようしょくぶつのもり」にある多肉植物コーナーです。ここには今最も人気のある多肉植物たち、アガベやコーデックスを中心とした、部屋の主役になってくれそうなカッコよくてインパクトのあるコたちが並べられています。手のひらサイズからお持ち帰りが困難な巨木まで。その多くがオシャレな鉢植えにアレンジされていてそのまま自宅をオシャレ部屋に変身させてくれること間違いなし。

オプンチア アズレア
ユーフォルビア アエルギノーサ
多肉植物の鉢植え。おしゃれに着飾った多肉植物たち
最新トレンドの植木鉢も充実の品ぞろえ

ちなみに鉢は基本的に単品売りされていますが、中には鉢植えでしか買えないものもあります。いつでも買えるかもなんて思ったら大間違い。チャンスは逃さないようにしましょう(とチャンスを逃して悔しい思いをしたことがあるので書き添えておきます)。

多肉植物コーナー② おはなのもり

おはなのもりのこの日の正面ディスプレイ。冬の始めらしく、シクラメン、ビオラ、ポインセチアが主役でした
洋書から飛び出してきたようなステキなディスプレイが至るところにあってクリエイティビティを刺激してくれます
ポインセチア

多肉植物LOVERとして欠かさずチェックしているのが「おはなのもり」の奥にもある多肉植物コーナーです。こちらにはエケベリアやセダムなど、まさに「おはな」に近い雰囲気の、小さくてかわいい多肉植物たちがたくさん並んでいます。

センペルビウム
セダム 虹の玉
種類も充実のセダムたち
寄植えもたくさん販売されています
実はこの什器として使われてる木箱も値札がついていて購入できます(逆に買えないものには Not For Sale 札が付いています)
もちろんカゴや木箱の販売コーナーもあります。1個1個表情が違うので、ディスプレイに使われているものと比べながら選ぶのも楽しみの1つ(この日この後ちゃっかり買い物して帰ったのは内緒)
おはなのもりの主力商品はもちろん花たちです。この日の主役はビオラ
お花用ですが初心者向けの植え込みセットを用意してくれているのも嬉しい気遣いです

同じ「おはなのもり」の中にサボテンコーナーも併設されていて、ここでもアガベやアロエを見ることができます。こちらは「かんようしょくぶつのもり」とは違って小型のサボテンやアガベが中心。比較的手に取りやすい価格帯のものが並んでいる印象です。

おはなのもりにあるサボテンコーナー。木で作ったウチワサボテンが迫力満点
おはなのもりのサボテンコーナーに並ぶサボテンたち
アロエ ラモシシマ

おにわのみどり

おにわのみどり
立派なオリーブ
珍しいオージープランツが並ぶコーナー。屋外用の大型の鉢も揃っています

店内屋外中央はいわゆる庭木がたくさん並んでいる「おにわのみどり」コーナーです。いわゆるとは言ってもそこはさすが the Farm UNIVERSAL さん。太く立派なオリーブの大木や、不思議な花や樹形で目を楽しませてくれるオージープランツなど、見たこともないような樹木がところ狭しと並んでいてウキウキしちゃいます。ここは多肉植物図鑑なのでサラッと流しちゃいますが、実は我が家のガーデン用によくお買い物しているので個人的には穴が空くほどよく見て回っています。

インテリア雑貨も充実したくらしのもり

ドライフラワーブーケのスタンド
クリスマス雑貨

植木鉢などのグリーンを直接着飾るアイテムは各グリーンのコーナーにもたくさん並んでいますが、園芸グッズだけでなくグリーンライフをより豊かにしてくれるインテリアやアウトドア用品を集めてくれているのが「くらしのもり」。他のコーナーにはない鉢や、季節のデコレーショングッズ(今でいうとちょうどクリスマスグッズ)があるのでここもいつも入念にチェックしています。

くらしのもりにある多肉植物の寄植えはギフトとして提案

実は多肉植物の第3のコーナーがこちらにもあります。ここは多肉植物の寄植えを「ギフト」として提案。お世話になった人に、はたまたがんばった自分へのギフトに多肉植物の寄植えをアロマオイルとセットで選んでみてはいかがでしょう?

レストラン FARMER'S KITCHEN

FARMER'S KITCHEN
カフェレストラン
店内テーブル席
この日は人気のハンバーグプレートをいただきました
愛犬と一緒にランチができるドッグカフェスペースもあります

本格的なイタリアンが味わえるレストランが併設されているのも大きな魅力。園芸店のレストランらしく、旬のお野菜やエディブルフラワーで飾られたグリーンたっぷりのメニューを、グリーンが所狭しと飾られたインテリアやテラスで味わうという優雅極まりない時間を堪能できます。ご予算はお一人2,000円前後。テラス席には「ペットOK」の席もあります。

自然を満喫できる施設・サービス

キッズスペース・動物とのふれあい
北側農場ゾーンを自由にあるきまわるニワトリさん

お子様連れでも大丈夫。滑り台やお絵かきボードのあるキッズスペースや、ウサギと触れ合える動物園のようなコーナーもあって、お子様のご機嫌取りネタには事欠きません(お子さんがたくさん遊んでいたので写真は撮影できていません……)。

ドッグラン
ドッグラン
広大なドッグランスペース

広大なドッグランスペースもあります。休日は団体様向けの貸し切り利用のみですが、平日だとお一人でも利用できるフリープランがあります。

いちご狩り
いちごハウス

例年だと12月から6月までやっています。まもなくオープン予定。

お庭のデザイン・施工相談「the Farm Garden」

インテリアショップがインテリアコーディネートをしてくれるように、the Farm UNIVERSAL さんでは「お庭」のデザインと施工が相談できるサービスをやっています。こんなステキなショップさんにお願いしたらどんなステキなお庭になるんでしょう……。今度ぜひ我が家のお庭を……なんて妄想しているので詳しくはその時に(いつだよ)。

アクセス

最後の3kmほどはこんな山道を登っていきます
道がひらけた交差点の先に大きな看板が見えたら左折すぐ

the Farm UNIVERSAL さんはちょっとした山の上にあるので車でのアクセスがもっとも便利です(駐車場は300台以上と広大)。

公共交通機関だと、大阪モノレール彩都西駅から、徒歩で25分、レンタルサイクルで10分、1時間に1本のバスで5分。時間や脚力、お持ち帰り予定の荷物量とご相談の上ご来店をご計画ください。

まとめ

色とりどりの花が壁一面にデコレーションされたオフィス棟

the Farm UNIVERSAL OSAKAさんは2015年にリニューアルオープンしたので「新しいお店」というイメージがありますが、園芸店としては25年続くお店で、その運営会社の「ユニバーサル園芸社」さんは実は創業55年の歴史がある、園芸会社では唯一株式上場している老舗巨大企業様(個人でやってるPUKUBOOKと比べるとまさにアリと巨人です)。

茨木市の敷地は創業の地で、もちろん今も本社屋があります。

そこは本当にたまたまですが、実は僕の自宅の隣町。自転車で行ったこともある距離です。なんやそれたまたまやったんかーいの第2段ですが、僕はそれを「ご縁」と呼んでいます。リニューアルオープンしたのがちょうどPUKUBOOKを開発していた年というのもさらに勝手なご縁を感じている理由の1つ。

今回「そんな the Farm UNIVERSAL さんを紹介したい!」という大それたお声がけに快く応じていただけた、本当に懐の深い the Farm UNIVERSAL さんに改めて感謝します。これからも通い続けますので末永くどうぞよろしくお願いいたします!

コメントはSNSで!

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • greensnap

記事のご感想など、SNSでいただけると、
とても嬉しいです!
お返事も書かせていただきます!

RELATED ARTICLE関連記事